驚異的な若者たち

 2016.9月3日。 とんでもなく素晴らしい若者の演奏会を聴きました。

 

Violin:  對馬佳祐(けいすけ)  Piano:  ジャン・ミッシェル・キム

共にまだ27歳。パリ国立高等音楽院大学院コースを終えたばかり。

 

この音楽会の4日前、8/29に本選が行われた「国際ルーマニアコンクール」で

他のすべてを抑えてグランプリを獲得したデュオです。

 

そもそもの発端は、我が敬愛する名ピアニスト・上田晴子さん(パリ国立高等音楽院

室内楽科+ピアノ科准教授)からの1本のメールでした。

「非常に優秀な二人の弟子が、日本で演奏会を致します。聴いてやって下さい。

忙しいあなたに足を運ばせても、決して後悔はさせませんから」というのです。

最後の1行がすごいでしょ?  あの、桁外れの音楽家に、こういう啖呵を切って貰える

お弟子さん、幸せだなぁ~~とまず嬉しくなり、私もあちこち宣伝。

 

加えて個人的な出会いもありました。ピアニストの自宅が、わが家から徒歩7~8分

というご縁。チラシの追加を手ずから持って来てくれた彼に、「ちょっと弾いて」と

厚かましいお願い。これがいいんだぁ!  すっかり応援団になって、切符売りにも熱が

入りました。「彼等は全部暗譜なのよ。あのエネスコまでも。」との合奏の師匠で

ある上田さんの言葉通り、ちょっと傍聴させてもらった練習でも、楽譜は一切使わない。

合せの練習って、我々だと、楽譜に書き込みがいっぱい出来て、必死に楽譜もにらみ、

相手もにらみ・・・になるものなのですが。

 

そして、当日。音楽の友ホールは追加の椅子が運び込まれる盛況。

演奏がすごかったんです。本当にガッキと組んだ二人の音楽が会場の空間を満たして。

 

* L.V.Beethoven   Violin  Sonata 「春」

* J.Brahms          Violin  Sonata  第2番 Op.100

* M.Ravel            Sonata Pour Violin et Piano

* G.Enesco          Violin  Sonata   第3番  Op.25

 

どれも熱演でしたが、殊に殊にエネスコがすごかった!! 誘った友人の評も一致して

そうでした。将に「火を吹くドラゴンのようだ」と思いながら聴いていました。

ラベルもよかったしねぇ。 帰り道、彼らの師匠・上田晴子さんとご一緒に電車で帰る

という幸運に恵まれて。「ラベルとエネスコはつい最近、卒業試験で弾いてますから、

特にみっちり取組めていますね」と伺いました。

 

いやぁ、演奏を聴いていない人に「よかった・すごかった」と言っても伝わらない、という

のも本当でしょうが、是非とも次の演奏会に足を運んで頂きたいのです。

對馬さん、ジャン・ミシェルさんのFace Book で日程は探せます。

 

私が聞いているのは、2016.12.21.  と 2017.2.2. 詳しいことはご本人へ。

 

 

 

 




カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

ブログ内検索

携帯版はこちら

qrcode