次々と!

この所、幸せな出会いが続いています。

 

どういうことかというと。ある日、PCを開くと「あなたの許で和声法を学び、以って自分の弾いている曲を自力で分析したい」

という、嬉しい希望が述べられいる。

私は本当に嬉しくなってしまうのです。これが、私が40年来望み続けて来たことだからです。

 

日本の音楽教育に、ひどく欠けていた事。それは「音楽において、技術と論理性は車の両輪だ」ということへの認識の不足です。

西洋音楽発祥の地ギリシャでは、学問のグループ分けのうち、音楽は「数学・哲学・音楽」という仲間に括られていたのだそうです。それなのに、それなのに・・・ 明治時代、怒涛のように流れ込んできた西洋文明。それはまず「軍事」への関心から始まった。

それはそうでしょう。一刻も早く産業を起こして国を豊かにし、軍艦を作って押し寄せるかも知れない外国から、国を守らなければ

ならなかったのですから。

西洋音楽流入史、をよくよく眺めて見ると。どうやら、音楽も一番初めは「軍隊の行進の歩調を合わせる為」とか、「一斉に行動を

取らせるための足並み揃え、又起床ラッパ」と云ったものへの関心から入って居ったようなんです。

 

しかし、次第に本質的な物への関心が芽生え、当時の秀才はヨーロッパで音楽を学んで帰朝。滝 廉太郎、山田耕作などの先人たち、又ピアノ、ヴァイオリンの奏者たちも続々と「西洋音楽」を学びに出かけました。

しかし、素敵な曲を書ける作曲家が出た割には、演奏部門の基盤を支える「楽器演奏を教える教師たち」に、一貫した理論教育を

与えなくては、と考えた先達は少なかったようです。

 

1945年、日本は悲惨な敗戦を経験しますが、音楽の面ではこれを境にそれまでとは比べ物にならない質と量で、「音楽教育」は

前進します。多量の楽譜という情報を我が国に伝えた(持ち帰った)桐朋学園の創始者の一人、井口基成氏。明治時代から日本で

唯一の官立音楽学校として、専門家教育を独占してきた「上野の音楽学校」(私の父なぞは"藝大"とは言いませんでした)に対して

桐朋学園が台頭したことは「戦後」の大きな前進でした。

 

しかし、戦後をリードしたこの二つの学校、又、戦前からあった伝統ある他の私立音楽大学に置いても、ほとんど同じレペルを

脱しなかったのが「音楽理論軽視」だったのです。

楽器会社の驚異的な台頭と、戦争からの復興が一段落した頃の国民の「文化的な物への憧れ」が見事に出会って、急激に勢いを持った「音楽教室」の群れ。そこではピアノが主役だった。そして「とにかく弾けるようにすること」だけが興味の対象だったのです。

 

でも。西洋音楽はその発生に置いて「思想を語る」ものであり、他の文化圏の人々が何世紀も掛けて構築し、磨き抜いて来た「思想・感情」を理解した上で演奏しなければ、それは「演奏」ではないのです。

 

私が大学を出て教師として働くようになってから今までの40数年の間に、一番変わったのは、この世界の先端を行く才能あふれる

演奏家が、その音楽表現のレベルの置いて世界のトップクラスに肩を並べ得る域まで進歩した、事が挙げられるでしょう。

 

これは本当に素晴らしいこと。しかし、私の関心はひたすら「普通の人々」に在るのです。標準的な音楽大学を出て、音楽教室で教えたり、個人で教場を開いて小さいお子さんを指導している人々。この方々こそが日本の音楽教育の最大面積を支えている訳で、彼等、彼女らに「音楽という車の両輪は・・」を心から理解して頂かなくては、私の切望する「聴いて解る・楽しめる・自分の意見を持った演奏」をする人は育たない。

 

そう思い、折ある毎に雑誌や本、自分の通信、今はHP、と書き、語って来ました。が、「誰も真剣には聴いてくれないや」と

ちょっとすねた気分になったり、いやいや人が聴いてくれないなら、聴きたいと云ってくれる人に出会うまで、かたり続ければいいのさ、と元気になったり。

そうした日々に、不思議やこの年末年始、立て続けに冒頭のように、私の家の「扉」をノックして下さる方が現れまして。

 

毎年恒例、「年末ジャンボが当たったら・・・」は常のごとく沈黙してしまったけれど、「こいつぁ春から、縁起がいいわぇ~~」

の酉年、となりそうです。

 

 




カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

ブログ内検索

携帯版はこちら

qrcode