この本、当たってます!!

最近、嬉しいことがありました。

2017.9.15. 私の本「説き語り和声法」が文庫本になったのです。

出したのは、前著と同じヤマハミュージックメディア。

 

題名が変わって、「和声法がさくさく理解できる本」というのです。

私は前の名前の方が好きだった。だから、出版社から「題名はどうしますか?」

との打診があった時(一応は礼儀として聞いてくれます)「和声法が解る本」じゃ

どぉお? と言いました。 でも、やんわりと却下。 最終的に決まったのが

上記の通り。アタシ・不満だったんです。<なんだかなぁ・・ 面白っぽすぎるよなぁ

・・> ところが。どうやら、これが成功の秘訣のようでした。

つまり、私は現代の言語感覚について行ってない、ということだったらしい。

この本、当ってるんです!!!!  9/15に出て、11月初めまでに初版が売れてしまった!

信じられない勢いです。すぐに「再版がかかりました」とのメール。 そして、

11月の終わり頃に「先生、3版を摺りまぁす」ですと。

 

一体何が起こったのか、私には解らないのです。

でも、とにかく嬉しい! 

そこへ、12/7.ある生徒が「ご注進、ご注進」と。「センセ、今、銀座のヤマハに居るん

ですけど、先生のご本が会計カウンターの所に並んでいます。何でも今月の売上げNo.1

だそうですよ」というのです。 えぇっ、そんなぁ と今日(12/9)自分で行ってみました。

ホントだったんです。わが眼を疑う、ってヤツ。 見てやって下さい。

 

更に、ヤマハの担当者から、これまたびっくりのニュース。

「先生、毎日新聞は読んでおられますか?」「いいえ、毎日新聞には友人はどっさり居て、

俳句会には時々顔を出すけれど、普段は読んでないわ」「12/2の東京版に割と大きな記事に

なったんです。主として書かれているのは、非常によく売れている吉松 隆氏の"調性で

読み解くクラシック"のことなんですけれど」。この吉松氏の本は実に面白い。作曲家としての

才能と実績はよく存じ上げていましたが、文章力と、ご自分の中にストックされたものを

言葉にして他者に伝える能力、またそうしたいという情熱に感動しました。とてもいい本です。

 

 さて、彼女に送ってもらった記事を拝読。吉松氏の本と並んで、私の本が映っている。記事の中にも

チラリとだけれども言及が。

 

嬉しかったです。皆さん、1冊、買ってみて下さいナ。文庫は持ち歩きやすいのと、値段が

手頃ですから。(本体950円 税込1,026円)

 

店頭にtt@:@o;w!