ある音楽高校生との1年半

 そのお嬢さんが、私の生徒の紹介でわがスタジオへやって来たのは、1年半程前のこと

でした。

ある音楽大学の付属高校の1年生。音大付属中学から高校へ進んだ所で、私の専門である

「音楽理論科目」の授業内容が急に難しくなって、困っている。何とかこんがらがった頭の

中の糸をほどいて欲しい、というご依頼。

 

高校1年、というのは実にいいタイミングです。子供であり過ぎることもなく、とても

吸収力のある年代ですから。

付き合って見ると、この学校の勉強内容はなかなか緻密で、クラスの仲間の程度も高い様子。

「いい学校に通ってるのね」、なのですが、それだけにちょっと気を抜くとすぐに「今の

話なに?」って具合に、不安な思いが膨らんでしまうらしい。

 

幸い、彼女は頭の片付いた子で、こっちの話を理解するのも早い。何に困っているかを説明

できない子が多いのが、私の専門分野の特徴なのですが、このお嬢さんは「ここから解らなく

なった」というポイントを教えてくれるので、仕事がやり易かった。

それでも、課せられる課題内容はなかなかのもので、一緒に挑戦し、何とか自力で答えを

出せる所まで手を曳いてゆくのは、そう簡単ではありませんでした。

「たまたま、コーチを見つけられたあなたはいいけれど、ガイドなし・でこのペースに追い

付いていくのは、大変ねぇ」と、よく二人でためいきをついたものでした。

 

 和声法の捕え方の解説、解答の書き方、実作の添削・・・ 一緒にする作業は沢山あります。

しかし、楽しいですね、こういう仕事は。若くて、吸収力のある頭と付き合っていると、自分も

元気が出ますから。

 

そうして時が過ぎ、彼女は春には3年生。いよいよ専門のピアノにより多くの時間を割かねば

ならなくなって、私の許を"卒業"して行きました。

基礎理論の勉強に「目鼻がつき」、そろそろ大学での希望の形を手に入れるには、ピアノに注力

したい、とは、当然のことではあります。

「そろそろ、弾く曲の分析に進もうかなぁ」と考えていた私には、ちょっぴり名残惜しい幕切れ

ではありましたが、いかに内部進学とはいえ、受験生であることには変わりがなく、いわば

正念場を迎えようとしている彼女の背中をたたいて送り出したのでした。

 

 私の希望は、高校生位から和声法をきっちり仕込んで、大学に進む頃には「楽譜の裏側が読める

人」になっていて欲しい、というものです。このお嬢さんはかなり順調に進歩してくれていたので、

さて、これから・の時だったのですが。まぁ、自分の力でしっかり立てる大人になって欲しいもの

だと思っています。

 

 高校生の内から「和声法」の大切さに気がついてくれる子が、これからも増えていってくれると

いいのですがねぇ。それには、親御さんの理解と、楽器の先生の後押しが必要です。

大人同士の連携の道も探らなくては。       2019.2.月

 

 

 

 

 




カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

ブログ内検索

携帯版はこちら

qrcode