音楽の友社でのティーチング・プロジェクト大成功!

2019.8/28. 東京・神楽坂にある音楽の友社会議室に置いて、

「土田京子ティーチング・プロジェクト第1回」が行われました。 ここに表紙を掲げてあります、

雑誌「ムジカ・ノーヴァ」に昨年7月号から「土田京子の 学び直し和声塾」を連載しているご縁

からです。初めにお話があった時、私は編集長にお願いしました。「和声法と云うのは、書いて

伝えるだけではどうしても限界があります。しばらくしたら、出来れば定期的に、あるいは単発でも

“対面授業”をさせてください」って。元来が出版社であるムジカ・ノーヴァ社がこの願いを聞き

届けてくれたのは、破格の待遇だ、と私は感謝しています。

 

当日は、会議室のサイズに丁度良い聴衆が集まって下さり、楽しく授業が出来ました。

 

「和声法は音楽という山に昇る、もっとも素敵な近道である」と云い続けてきた私。

本当にちょっぴりの人しか、その声に振り返ってくれない長い道のりがありました。

でも、こうして大きな出版部数を持つ雑誌に連載をさせて貰い、「読者の評判もいいですよ」と

励まして頂いて、1年が過ぎたのです。 そして、ずっと夢見ていた読者とのご対面。

嬉しかったですねぇ。中には諏訪から新幹線で駆けつけて下さった、という方もいらした。

有難いことです。

 

もうしばらく続く連載で、より多くの方とお知り合いになり、和声の魅力を自分の中に取り込んで

頂けますように、と頑張るつもりです。

このブログをお読みになった方、ムジカ・ノーヴァもお店で手に取って下さいませ。そして、

出来る事ならゆっくり読んで頂きたい。私の記事だけでなく、とても面白い記事が沢山あります

から。