スペイン紀行 その 美術館たち

 今回の旅は12/21〜1/2という、クリスマス・しーズンであった為に
美術館はどこもかなり込み合っていました。

 この時期を選んだのは、同行者たちの事情にもよりましたが、私の大きな思い違いの結果でした。
私は20代の終わり4年弱をカナダのトロントで暮らしまして、クリスマスは、家族で祝うもの。従って町は静かだ、というヘンな思い込みがあったのです。
ところがいざ、宿探しを始めてみるとなかなか大変。中でもひどかったのがパリの宿探しです。思いの他の取り難くさ、値段の高さに驚かされました。2012年2月末から3月初め、ローマ・ナポリ・シチリアを歩いた時は、反対に閑散期であった為でしょう、行く所、行く所、
支配人が鼻を膨らませて「グレードアップしておきましたから」と
案内する部屋の豪華・華麗!というのと、随分違います。
旅は、時を選ぶべきですなぁ。

さて、美術館です。
第1はマドリード、プラド美術館。
ここを訪れたのは12/23日。日本は天皇誕生日の祝日ですナ。
この日、レアル・マドリードとFCヴァレンシアのサッカー試合を観戦するために、成田からパリ経由直行したヴァレンシアからスペインでの初の滞在都市・マドリードへ戻ったのでした。

 この日、12/23は抜けるような青空でした。旅はやっぱり天気次第ですナ、気分が違う。上機嫌で街歩き。

 

しかし、瞬く間に午後の陽ざしになって来て。この日は、
18:00から20:00の閉館まで、プラド美術館が入館無料なんです。で、ここを目指します。若者たちの健脚に付き合う私はなかなか大変なんです。でも、ゆっくり・ゆっくり歩きながら彼らの語る思い思いの話に耳を傾けるのは、とても楽しい!

 プラド美術館はとっても素敵なエリアにありましてね。夕闇迫る時刻、ぶらぶら歩きでそこへ着くまでが素敵でした。


 若者たちは又もや、写真三昧。 

美術館は18歳以下、無料。今夜のように、すべての人が無料という曜日・時間もありますが、「若者に美の遺産を」という意識は徹底しています。

 ここでも「事前準備の大切さ」を思いました。一人がきっちりと
「見落としてはいけない絵・リスト」を作って来ていたのです。

フㇻ・アンジェリコの「受胎告知」、ゴヤの「裸のマハ」と「着衣のマハ」、ルーベンスの「三美神」、ティントレットの「弟子の足を洗うキリスト」、ベラスケスの「ラス・メニーナス」。

この絵は、この時点では気が付いていなかったのですが、バルセロナのピカソ美術館で、ピカソがこのベラスケスの絵に感動して、17枚もの連作を残しているのを見ることになるのでした! 見て置けてよかったぁ。私も前に来た時に見ているはずなのですが、今回の「イヤフォンガイド」の威力のお蔭で、構図の特殊さ、とか仕掛けの面白さを
教えてもらいました。まったく、行き届いた、便利な世の中になったものです。

 もうちょっとゆっくり見たかったわね、の駆け足鑑賞。特殊な時期にしか来られなかった事情で仕方がありませんでしたけれど。又、将来の出会いに期待しましょう。


 この間、私は若者にキリスト教の概説について説明する。簡単にはいかないが、ヨーロッパを旅するには、これは必須の準備。東京でして来たかったことですがね。


 さぁ、メトロかタクシーと思う京子チャンと「歩こうよ」という若者たち。はぁ〜あ。 でも、ばぁさま、ガンバリましたのよ。

プラド美術館の本当に姿美しい建物、又その周辺のただずまいの美しさをまなこに焼き付けつつ、さよならを。