「音楽の読み方・さらい方勉強会」報告

 2014.4.6に第1回を致しました「さらい方勉強会」。

なかなかの盛況でした。「盛況」とは、多くの場合沢山の人が集まった、という場合に使う言葉でしょう。その面からも、私としては満足しています。もっと少ないかと思っていたからです。

ご案内をした方々の内、多くの方が「面白い企画ね」「バッハのさらい方にはいつも悩むのよ」と、企画そのものには賛同して下さりながら、なかなか実際には足運んで下さらないのが、こうした勉強会の現実なのです。

ピアノを演奏する、というのはどういうことなのか。「音楽をうたう」には、どういうアプローチがあり得るのか。
こうした、あまりにも本質的な問いかけには、どこかでたじろいでしまうのかも知れません。
 しかし、あの日集まって下さった人々と、私は確かにその「何か」の糸口を共有出来た、と思います。声を出して、「うた」を紡ぐことを体感したからです。

とにかく、一緒に、一歩を歩き始めてくれた仲間に感謝しつつ、「第2、第3のクール」を実施中。2014.10/19、11/16、12/14と続きます。詳しくは最新のお知らせをご覧下さい。ご参加をお待ちしています。