遂に刊行!  二冊目の和声法の本

 2014年10月、とうとう念願の2冊目の和声法の本を上梓することが出来ました。題名がスゴイ!
「解きながら身につく・土田京子のスーパー和声法」っていうんです。こういうネーミングというのは、一種独特の才能でしてね。
前著「説き語り和声法」とさらに前に出した「説き語り楽典講座」は
私自身の考えです。しかし今回、出版元・ヤマハミュージックメディアの担当者諸氏はとっても積極的な方々で。表紙も思いっきりにぎやか。(近日、このHPにもそのかわいい表紙をUPします!)

とにかく、この本が出来たことを喜んでいます。
何がいいかと言いますと。 
その1. 念願の課題と実施例を一定量載せられたこと。

その2. 「課題の解き方」を分解しながら、手順を追って順次解説
    出来たこと。

現実の問題として、和声法を本だけで、対面で教えてくれる先生につかないで学ぶのは、とっても難しいことです。しかし、日本における和声法をきちんと教えてくれる教師の数の少なさを考えると、難しいことではあるけれども、出来うる限り「読んで解る和声法」の本を片手に「じゃあ、実際に解いてみよう」が可能な本が必要だったのです。 誰もが「あるといいナ」と思いながら、どういう訳か出会えなかった、そんな本が書けました。 是非、読んで下さい。

買って下さる方が一定数に達する頃、定期的に「この本をどう使うか」「課題の解き方の実際」をお話する会を設定したいと考えています。場所は第一に東京・練馬の土田スタジオ、次に希望者が一定数いて下さることを条件に、大阪または京都、博多で開催したいと思っています。

前著「説き語り和声法講座」を出して以後、私の周囲に思いがけない波が渦巻いた。それは、「この本を読んで、これまで何冊の和声の本を読んでもわからなかった“和声法とはどういうものなのか”が、見えてきた。もっとわかりたいから教えてくれ」という方々からのコンタクトでした。しかも、これが「音楽を仕事にしていない人」からのメールが多かったことが、私に新しい目を開かせてくれました。

こんなにたくさんの方々が、「和声法」が解らないと、音楽の楽しみを味わうのに損をするんだ、ということに気が付いておられる!
そのことが無性に嬉しかったのです。

そして5年の時を経て、この度「課題集と実施例」を備えた本が出版出来ました。こうした「解りたい」願望を持った方々には朗報で
あり得ると、ちょっぴり自負しています。どうぞお買い求めの上、熟読、そして、課題に取り組んで下さい。

そして、このHPから「通信添削」に応募して下さい。
いつか将来、この国のどこででも、私の課題を集まって解き合い、
「何故、そこにはその音を置く方が綺麗なのか」を顔を合わせて論じあうサークルが生まれますように。
その日を夢見て、私は10年以上前から東京・大阪・京都・博多に
皆さんのお手伝いが出来る可能性のある「講師」を養成して来ました。楽しい夢が広がって、最近の私はシアワセなんです。

沢山の方からの「読後感想」を待っています。