説き語り音楽塾で「音楽史」始まる

 2015.8/17を区切りに、今年の音楽塾は一区切りです。

私の「塾」は、なぜか10月が開講なんです。 開始以来二十数年、月曜日に集まって和声法を学び続けています。人は変わり、クラスの様子も移ろっていきましたが、真ん中に座っている、私、土田京子は相変らずです。

さて、今年の新学期は2015.10月6日に始まります。

そう、この日は火曜日です。今期から、曜日変更。第1、第3の火曜日に致します。どちらかが祝日に当たったら、第4火曜にズラします。

 そして和声の勉強を継続する傍ら、「音楽史」を再開します。

テキストは  「グラウト・パリスカ著 新・西洋音楽史」

この世界的に評価されている「新・西洋音楽史」は、3巻から成り、私自身は四回目の講読になります。 二十数年前に塾を始めるに当たり、自分にとっても「何だかもやもやと、すっきり見えて来ない」音楽史を、もう一度勉強し直してみよう、という思いから取り上げたのでした。

始めて見るとなかなかの難物でした。が、仲間がいてくれることの有難さ、何とか読了。 3回目の時は3巻に7年を費やしました。

しかし、これでは長くかかり過ぎだ、と今回は、ややダイジェスト的に進めて行こうと思っています。

音楽史は、音楽大学においても何だかさーっと通り過ぎてしまい勝ちな科目です。しかし、社会に出て仕事をしてみると、自分が弾いている曲、聴いて面白かった曲が、どういう時代に書かれた、どういう様式の曲だか解らない、では、困るのです。その基盤となるのが音楽史の知識と教養です。

わが塾でも、大変熱心に取り組んでくれたグループが“卒業”してしまって以来、なかなか復活のチャンスがなかったのでした。

今回、たまたま個人レッスに来ている人などから「へぇ〜、音楽史が始まるんなら、私も決心して塾生になろうかな」なんて声が上がり、京子センセ、ちょっぴり気をよくしています。

どうです?この始まりのチャンスに、一緒に音楽の歴史(ということは、ヨーロッパの歴史に触れることにもなりますよ)をひも解いてみませんか?

 新しい仲間の登場を待っています!!

どうぞ、「お問い合わせ」からコンタクトして下さい。













カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最近の記事

カテゴリー

月別記事

ブログ内検索

携帯版はこちら

qrcode